まとめ

入学、就職。新生活を控えた人におすすめの映画2本

投稿日:

4月は入学、就職と新しい生活が始まる季節ですね。 新生活前は期待と不安でそわそわしませんか?今回はそんな人にぜひ観てもらいたい映画を2本ご紹介します!新生活をテーマにした映画です。この映画を観れば新生活のイメトレができますよ。ぜひこれから始まる新生活の参考にしてください!

「上京ものがたり」は夢を追って都会に出る人に観てほしい映画

映画「上京ものがたり」は夢を追って都会に出る人におすすめの映画

出典:映画.com

「上京ものがたり」

まず最初に紹介するのは、北野きいさん主演の映画「上京ものがたり」です。この映画は夢を追って都会に出てくる人に観てほしい一本です!この映画を観れば現実は超厳しいこと&それでもがむしゃらにやれば何か道は開けることを教えてくれます。

あらすじ

主人公の女の子は美大に進学するも最下位の成績。生活もカツカツで夜の仕事を始めることに。イラストレータになるために何度も出版社にイラストを持ち込みますが毎回断られます。もう限界で諦めようとしたその時、ある人物から叱責され気を持ち直します。そしてもう一度夢に挑戦するのでした。

みどころ

みどころ1

主人公のがむしゃらさに刺激を受けます!自分に才能がないことを受け入れつつそれでも何度も出版社を尋ねる姿に心打たれる。彼女と比べて自分はどうか?と考えさせられましたね。

みどころ2

喝が心に刺さる。最近あまり喝を入れてくれる人いなくないですか?この映画では主人公が弱気になった時、喝を入れてくれる人が登場するんですけどそのシーンがとてもいいです。夢を追ってる人にとても刺さる言葉です。

「ブルックリン」は地元を離れるとはどんなことか教えてくれる映画

映画「ブルックリン」は新生活におすすめの映画

出典:映画『ブルックリン』オフィシャルサイト

「ブルックリン」

次に紹介するのは「ブルックリン」。都会へ行くと一から交友関係を築かなきゃいけなかったり、地元に残した家族を心配したり、大変なことが待っています。この映画は自立あるあるを描いています。都会へ行くとはどんなことか教えてくれる作品ですよ。親元を離れて都会へ引越す人、ホームシックになりがちな人、新しい出会いを期待している人におすすめ!

あらすじ

1950年代。アイルランド出身の女の子が仕事を求めてアメリカの都市ブルックリンへ引越します。文化の違いに戸惑いながら、ホームシックになりながら彼女は大人の女性へ成長。注意されてばっかりだったけど仕事は一人前に。寮の先輩にプロデュースしてもらっていい彼氏を見つけます。そんな中、久しぶりに一時帰国することに。するとどうでしょう。成長した彼女にとってあんなに生きるのが大変だったこの町がとても生きやすい町に映ったのです。そんな彼女を家族や友人は戻ってくるよう説得するのですが。。。

みどころ

みどころ1

女性あるある。寮の先輩がお化粧を教えてあげたり、食事のマナーを教えてあげたり。主人公の女の子をプロデュースしてあげるところがとてもいいんです。こんな面倒見がいい先輩いるといいですね!

みどころ2

一人暮らしを始めるうえで避けては通れない問題。それが家族と会えなくなること。この映画では妹思いの姉が出てくるんですけど姉は妹をとても心配します。都会に出た妹を心配して手紙を出すんですけどそれが切ないんですよ。あなたがお姉さんをお持ちの場合グッとくるものがあるはずです。

みどころ3

地元の見方が変わる。都会へ行く前と後では地元の見方が変わります。この映画ではその変化を見事に対比させているので注目です。

-まとめ

Copyright© ムビトーク! , 2021 All Rights Reserved.